善玉菌と悪玉菌

腸内には善玉菌と呼ばれる菌と悪玉菌と呼ばれる菌の両方が存在し、バランスを取っています。このうち善玉菌の勢力が悪玉菌の活動に対して優勢な場合、腸内活動は良好な状態と言えます。逆に腸内の悪玉菌が善玉菌よりも多い場合、それは便秘の症状となって表れてしまいます。悪玉菌とは腸内に棲みつき、健康に悪影響を与える菌の総称です。腸内に悪玉菌が増えるとアンモニアや腐敗物質が多く造られます。確かに悪玉菌は体にとって良くない影響をもたらしますが、悪玉菌が完全に取り除かれてしまうと、同時に善玉菌も消えてしまいます。ですので結果的に腸内の健康を損ねてしまうことにつながります。食生活を整え、悪玉菌を減らし、善玉菌を増やすことが腸内環境を整えるうえでは重要なのです。

善玉菌を増やす方法としては、善玉菌そのものを食べるという方法や、善玉菌の好物を食べて善玉菌の数を増やしていくという方法、そして規則正しい生活を心がけ腸を労わるといった方法があります。中でも簡単に取り組めるものとしては、オリゴ糖などの善玉菌の好物をヨーグルトなどと一緒に摂取し、腸内の善玉菌、悪玉菌のバランスを整え、善玉菌が優勢な状態にしてあげるということです。
食生活にオリゴ糖をプラスして便秘の予防をすることを心がけましょう。

オリゴ糖と便秘予防

オリゴ糖は便秘の予防や改善などの効果が期待できるものとして有名です。その理由としてはオリゴ糖には整腸作用があり、摂取することで腸内の善玉菌の数を増やし、悪玉菌よりも優勢な状態を作ってくれます。オリゴ糖は善玉菌の好物なので、オリゴ糖配合のヨーグルトなどを意識して食べることによってオリゴ糖が腸内に届き、それを食べた善玉菌が成長して、悪玉菌を凌駕することができるのです。善玉菌が優勢となった腸内はぜん動運動が活発となり、便秘の改善につながります。また、オリゴ糖には便をかさましする効果があります。これはオリゴ糖自体の特徴で、オリゴ糖が腸に届く際、消化されることなく届くため水分を含んだまま移動することになります。そのため便はかさましされ、結果として排便サイクルが早くなるというわけです。

オリゴ糖を摂取しても効果を実感できないという場合には、オリゴ糖摂取の量やサイクルを変えてみるなどの工夫が必要です。オリゴ糖を摂取することによって善玉菌が一時的に悪玉菌よりも優勢な状態になったとしても、そのうち悪玉菌もそれに合わせて強くなっていきます。ですのでオリゴ糖の摂取のサイクルを考え、メリハリをつけて摂取していくことで長期的な効果を得ることが期待できるのです。

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket